まず最初に、本文には、がん患者当人にとって、不愉快な表現が含まれています。該当者は、記事を読まないことを推奨します。

 足並みを揃える為に、1990年に、⽶国議会で採用された、OTA-H-405 レポート「型破りながん治療」 (Source) を読んでください。

  1990年には、USAの国民は、主流のがん医療を、「Cut , Burn , Poison」医療であるとステレオタイプが流行していたようです。つまり、USAの国民は、主流のがん医療に、到底満足できなかったことを物語っています。そして、USAの国民は、代替医療に関心を持ち始めました。

 一方日本はどうでしようか?未だに「Cut , Burn , Poison」医療が主流です。「オプジーボ」が発売されましたが、適用条件には、がん化学療法に憎悪した治癒切除不能な進行・再発がんの場合と記述されています。USAの化学薬品利権を保護するためです。日本の色々な分野や政府機関は、USAや外資によって支配されています。日本のがん医療は、USAより30年遅れていると言われています。

 ちょっと昔を振り返ると、アナウンサーの逸見政孝さんが抗がん剤投与後二か月に満たないうちに、1993年に48歳で他界しました。最近では、タレントの小林 麻央さんが、2017年に34歳で他界しました。私は、小林 麻央さんが亡くなったことで、がん医療に不信感を持ちました。

 長寿部門では、デイヴィッド・ロックフェラーが、101歳で他界しました。中曽根康弘は、2019年に101歳で他界しました。お金が無制限にあっても、101歳が限界なのだろうか?ただし、ロックフェラーは、不摂生の限りを尽くしていたと想像できるけれど。

 嬉しい例では、ボクサーの竹原信二さんは、2014年に膀胱癌でリンパ節への転移も初見されたが、手術・抗がん剤・食事療法を経て、2020年現在、復帰している。Youtubeの竹原テレビチャンネルで雄姿が見れます。竹原さんのキャラは最高です。病気を経て、すこし角が取れたようです。

 それでは、実際に、どのような「がんの代替療法」があるのか見ていきましょう。日本では、丸山ワクチンが有名ですね。もしかしたら、浅井博士のゲルマニウム研究を知ってるい人もいるかもしれません。
 USAではどうでしょうか?以下に、生還者と代替療法の一覧を記載します。

がんを克服者の一覧と代替治療法.pdf

<ライブラリを公開 >

日本では厚労省が医療を選択・限定します。それ以外の医療は「民間療法」=「怪しい療法」というイメージが植え付けられます。規格外の医療は、メディアもジャーナリストも取り上げません。

戦後、日本人はUSAによって教育されました。よって、道徳は向上しましたが、極端な平和ボケになりました。日本人は、自分が思うことを、同様に外国人は思っていると、思っています。人を傷つけてまで、富を得ようとはしないと思っています。武器を捨てれば、誰も攻撃してこないと思っています。

なんてことでしょうか?この様な考えは、日本国以外では、致命的です。

がん医療は、日本人の平和ボケ思考に付け込んでいます。答えは、お金の流れを追えば明らかになるでしょう。

インターネット社会になり、情報の伝達が容易になりましたが、日本政府は国民への説明が足らないと思っています。原発事故対応(地震による破壊、津波による破壊)、「トモダチ作戦」で米兵が致命的な被爆をした理由、Staxnetウイルス事故、Stap細胞事件、インフルエンザウイルス対応とコロナウイルス対応の違い、アビガンの治験の遅延、がん医療の闇、イージスアショアの導入を断念など、疑問に思うことばかりです。

< 参考 >/

;


がんの代替医療の全て」への2件のフィードバック

  1. I couldn’t resist commenting. Very well written! I wanted to thank you for this wonderful read!!
    I definitely loved every little bit of it. I have got you bookmarked to check out new stuff you It is perfect time to make some
    plans for the future and it’s time to be happy. I have read this post and if I could I wish to suggest you few interesting things or
    tips. Maybe you could write next articles referring to this article.
    I want to read more things about it! http://apple.com/

    Look into my webpage: Jona

  2. I’ll right away grasp your rss feed as I can’t find your email subscription link or e-newsletter
    service. Do you’ve any? Kindly allow me understand in order that I could
    subscribe. Thanks. I am sure this post has touched all the internet visitors,
    its really really nice article on building up new website.
    I couldn’t refrain from commenting. Perfectly written!
    http://cspan.co.uk

    my blog post; Jane

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

code