Japan became an economic crisis by ABCD line, and Japan declared war.

IMPERIAL RESCRIPT

WE, by the grace of Heaven, Emperor of Japan, seated on the throne occupied by the same dynasty from time immemorial, enjoin upon ye, Our loyal and brave subjects:


We hereby declare War on the United States of America and the British Empire. The men and officers of Our Army and Navy shall do their utmost in prosecuting the war. Our public servants of various departments shall perform faithfully and diligently their respective duties; the entire nation with a united will shall mobilize their total strength so that nothing will miscarry in the attainment of Our war aims.


To ensure the stability of East Asia and to contribute to world peace is the far-sighted policy which was formulated by Our Great Illustrious Imperial Grandsire [Emperor Meiji] and Our Great Imperial Sire succeeding Him [Emperor Taishō], and which We lay constantly to heart. To cultivate friendship among nations and to enjoy prosperity in common with all nations, has always been the guiding principle of Our Empire’s foreign policy. It has been truly unavoidable and far from Our wishes that Our Empire has been brought to cross swords with America and Britain. More than four years have passed since China, failing to comprehend the true intentions of Our Empire, and recklessly courting trouble, disturbed the peace of East Asia and compelled Our Empire to take up arms. Although there has been reestablished the National Government of China, with which Japan had effected neighborly intercourse and cooperation, the regime which has survived in Chungking, relying upon American and British protection, still continues its fratricidal opposition. Eager for the realization of their inordinate ambition to dominate the Orient, both America and Britain, giving support to the Chungking regime, have aggravated the disturbances in East Asia. Moreover these two Powers, inducing other countries to follow suit, increased military preparations on all sides of Our Empire to challenge Us. They have obstructed by every means Our peaceful commerce and finally resorted to a direct severance of economic relations, menacing gravely the existence of Our Empire. Patiently have We waited and long have We endured, in the hope that Our government might retrieve the situation in peace. But Our adversaries, showing not the least spirit of conciliation, have unduly delayed a settlement; and in the meantime they have intensified the economic and political pressure to compel thereby Our Empire to submission. This trend of affairs, would, if left unchecked, not only nullify Our Empire’s efforts of many years for the sake of the stabilization of East Asia, but also endanger the very existence of Our nation. The situation being such as it is, Our Empire, for its existence and self-defense has no other recourse but to appeal to arms and to crush every obstacle in its path.


The hallowed spirits of Our Imperial Ancestors guarding Us from above, We rely upon the loyalty and courage of Our subjects in Our confident expectation that the task bequeathed by Our forefathers will be carried forward and that the sources of evil will be speedily eradicated and an enduring peace immutably established in East Asia, preserving thereby the glory of Our Empire.

(Released by the Board of Information, December 8, 1941. Japan Times & Advertiser)

Japanese declaration of war on the United States and the British Empire(WIKI)


Japan has no intention of acquiring a colony.

Since the Japanese army was given a noble purpose and controlled by the emperor, Japanese army does not do immoral acts such as looting from the colony and the slaughter of comfort women.


Sleeping here a brave air-man who last youth and happiness for his mother land – July 25 Nippon Navy


Grave and marker for P-40 pilot Lt. Levi erected by Japanese on Kiska Island

※Nippon : Japan


対米英宣戦の詔書
( Japanese declaration of war on the United States and the British Empire )

『 詔書 』 ( 口語訳 )

天佑(てんゆう)を保有し、万世一系の皇祚(こうそ)を践(ふ)める大日本帝国天皇は、昭(あきらか)に忠誠勇武なる汝、有衆(ゆうしゅう)に示す。

朕(ちん)、茲(ここ)に米国及び英囯に対して戦(たたかい)を宣す。朕が陸海将兵は、全力を奮って交戦に従事し、朕が百僚有司(ひゃくりょうゆうし)は、励精職務を奉行(ほうこう)し、朕が 衆庶(しゅうしょ)は、各々(おのおの)其(そ)の本分を尽し、億兆一心にして国家の総力を挙げて、征戦の目的を達成するに遣算(いさん)なからむことを期せよ。

抑々(そもそも)、東蓝の安定を確保し、以って世界の平和に寄与するは、丕顕(ひけん)なる皇祖考(こうそこう)、丕承(ひしょう)なる皇考(こうこう)の作述(さくじゅつ)せる遠猷(えんゆ う)にして、朕が拳々(きょきょ)措(お)かざる所。

而(しか)して列国との交誼(こうぎ)を篤くし、万邦共栄の楽(たのしみ)を偕(とも)にするは、之亦(これまた)、帝国が、常に国交の要義と為す所なり。今や、不幸にして米英両国と釁端(き んたん)を開くに至る。洵(まこと)に巳(や)むを得ざるものあり。豈(あに)、朕が志(こころざし)ならんや。

中華民国政府、裳(さき)に帝国の真意を解せず、濫(みだり)に事を構えて東蓝の平和を攪乱(こうらん)し、遂(つい)に帝囯をして干戈(かんか)を執(と)るに至らしめ、茲(ここ)に四年有 余を経たり。幸(さいわい)に、国民政府、更新するあり。帝国は之(これ)と善隣の誼(よしみ)を結び、相(あい)提携するに至れるも、重塵に残存する政権は、米英の庇蔭(ひいん)を恃(たの) みて、兄弟(けいてい)尚(なお)未(いま)だ牆(かき)に相閻(あいせめ)ぐを悛(あらた)めず。

米英両国は、残存政権を支援して、東亜の禍乱を助長し、平和の美名に匿(かく)れて、東洋制覇の非望(ひぼう)を逞(たくまし)うせんとす。乗|丨(あまつさ)え与国を誘い、帝国の周辺に於(お い)て、武備を增強して我に挑戦し、更に帝国の平和的通商に有(あ)ちゆる妨害を与へ、遂に経済断交を敢(あえ)てし、帝国の生存に重大なる脅威を加う。

朕は、政府をして事態を平和の裡(うち)に回復せしめんとし、隠忍(いんにん)久しきに弥(わた)りたるも、彼は毫(ごう)も交譲(こうじょう)の精神なく、徒(いたづら)に時局の解決を遷延

(せんえん)せしめて、此(こ)の間、却(かえ)って益々(ますます)経済上、軍事上の脅威を増大し、以って我を屈従せしめんとす。

斯(かく)の如くにして、推移せんか。東亜安定に関する帝国積年の努力は、悉(ことごと)く水泡に»し、帝国の存立、亦(またこ)正に危殆(きたい)に瀕せり。事既(ことすで)に此(ここ)に 至る帝国は、今や自存自衛の為、蹶然(けつぜん)起(た)って、一切の障礙(しょうがい)を破碎するの外(ほか)なきなり。

皇祖皇宗の神雪、上(かみ)に在(あ)り、朕は、汝、有衆の忠誠勇武に信倚(しんい)し、祖宗の遣業を恢弘(かいこう)し、速(すみやか)に禍根を芟除(せんじょ)して、東亜永遠の平和を確立 し、以って帝国の光栄を保全せんことを期す。

(御名御璽)

『 詔書 』 ( 現代語訳 )

神々のご加護を保有し、万世一系の皇位を継ぐ 大日本帝国天皇は、

忠実で勇敢な 汝ら臣民に はっきりと示す。

私はここに、米国 及び 英国に対して 宣戦を布告する。

私の 陸海将兵は、全力を奪って 交戦に従事し、

私の すべての政府関係者は つとめに励んで 職務に身をささげ、

私の国民は 各々その本分をつくし、 一億の心をひとつにして

国家の総力を挙げ この戦争の目的を 達成するために

手ちがいのないようにせよ。

そもそも、東アジアの安定を 確保して、世界の平和に 寄与する事は、

大いなる明治天皇と、その偉大さを受け継がれた 大正天皇が

構想されたことで、遠大な はかりごととして、 私が 常に

心がけている事である。

そして、各国との交流を篤くし、万国の共栄の喜びを ともにすることは、

帝国の外交の要として いるところである。

今や、不幸にして、米英両国と争いを 開始するにいたった。

まことに やむを得ない事態となった。

このような事態は、私の本意ではない。 

中華民国政府は、以前より 我が帝国の真意を理解せず、

みだりに闘争を起こし、東アジアの平和を乱し、ついに

帝国に 武器をとらせる事態にいたらしめ、もう四年以上 経過している。

幸いに 国民政府は 南京政府に新たに変わった。

帝国は この政府と、善隣の誼(よしみ)を結び、ともに提携するようになったが、

重慶に残存する政権は、米英の庇護を当てにし、

兄弟である南京政府と、いまだに 相互のせめぎあう姿勢を 改めない。

米英両国は、 残存政権を支援し、 東アジアの混乱を

助長し、平和の美名にかくれて、東洋を 征服する非道な野望を

逞くしている。

あまつさえ、同盟国を誘い、帝国の周辺において、軍備を増強し、

わが国に挑戦し、更に 帝国の平和的通商に あらゆる妨害を与へ、

ついには 意図的に 経済断行をして、帝国の生存に 重大なる脅威を

加えている。

私は 政府に事態を 平和の裡(うち)に解決させようとさせようとし、

長い間、忍耐してきたが、米英は、少しも 互いに 譲り合う精神がなく、

むやみに 事態の解決を 遅らせようとし、その間にも益々、

経済上・軍事上の脅威を 増大し続け、それによって 我が国を

屈服させようとしている。

このような事態が このまま続けば、 東アジアの安定に関して

我が帝国の積年の努力は、ことごとく 水の泡となり、

帝国の存立も、まさに 危機に瀕することになる。 こと ここに至っては、

我が帝国は 今や、自存と自衛の為に、 決然と立上がり、

一切の障害を 破砕する以外にない。

 皇祖皇宗の神霊をいただき、私は、汝ら国民の 忠誠と武勇を信頼し、

祖先の遺業を押し広め、すみやかに禍根をとり除き、東アジアに

永遠の平和を確立し、それによって 帝国の光栄の保全を 期すものである。

   御名御璽

昭和十六年十二月八日

Reason why Japan started WW2」への2件のフィードバック

  1. I think that everything typed was actually very reasonable.
    However, what about this? suppose you were to write a awesome
    title? I ain’t saying your content isn’t good., but suppose you added a title that makes people desire more?

    I mean Reason why Japan started WW2 – Melting Watch is a little boring.
    You should peek at Yahoo’s home page and note how they write article
    headlines to get people interested. You might add
    a related video or a picture or two to get people interested about what you’ve written. In my opinion, it might make your posts
    a little livelier.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

code