私は、がん患者で、27年生存した人を知っている。

今から、30年前の話である。ある父親Yが胃がんになり、胃の2/3を摘出した。そして、2年後、C型肝炎と肝臓がんが発見された。肝臓がんは、広範囲に及んでおり、外科手術の適応外であった。

そこで、ラジオ波による治療を数ヶ月置きに続けることになる。転移性肝臓がんにラジオ波治療を施行した場合、5年生存率は38%である。

息子Xは、自分のアトピー性皮膚炎の経験から、医師の治療を信じていなかった。当時はインターネットは普及しておらず、情報を入手するのは困難であった。そして、たまたま本屋で手にしたのが、浅井博士によるゲルマニウムの本であった。

Read 「浅井博士によるゲルマニウム研究(英語原文)」
Read 「浅井博士によるゲルマニウム研究(google翻訳日本語)」

息子Xはこの本に触発され、有機ゲルマニウムを父Yに飲ませるようになる。息子Xは、東洋医学をを信じるようになり、様々な漢方薬を父Yに服用させた。

当時、地域でRIFE治療器を20~30台輸入して、コミュニティーでは効果を上げていた医師?(もしかしたら一般人)が存在していたが、評判が広まった時には、医師法違反でRIFE治療器は没収され、その人は逮捕拘禁されてしまった。

息子Xは、父YにRIFE治療器の施術を受けさせたかったが、願いはかなわなかった。

健康に良いらしいという事で、父Yの体に、ラジウムシートを貼り、ラジウム水を飲ませた。

また、食材として、モンゴル産の天外天塩、醤油、味噌、また、米油、低温圧搾の植物油を選択した。そして、父Yに重曹を飲ませたことは特筆すべきである。

残念なことに、医師の協力が得られなかったため、どの施術に効果があったのか判別できない。

父Yは、がんの三大医療、放射線治療、抗がん剤治療、外科的がんの切除の適応外と診断された。現代の知識から判断すると、これは、不幸中の幸いであった。これらは、治癒する可能性がなく、体を弱めるだけの施術である。抗がん剤を打つと、多くの人は一年以内に亡くなってしまう事例を知っている。

現在では、NK細胞を増殖させる免疫療法に注目したい。自己の免疫力を高めれば、自然な形でNK細胞ががん細胞を殺してくれる。がん細胞が形を偽装しても、NK細胞は賢く、癌細胞を的確に攻撃できる。反して、抗がん剤は、一過性にしか効果がない。

抗がん剤治療、放射線治療、外科手術は、患者に物理的・精神的ストレスを与え、NK細胞を弱小化させてしまう。

私は、NK細胞を弱小化させてしまうような治療は避けるべきだと思っている。

<参考文献>

英語の文献が多いですが、Google翻訳してあります。不完全ですが読めると思います。少しでも役立てることができれば幸いです。

The end.

胃がん・肝臓がんを患うが、27年生存した人」への13件のフィードバック

  1. I believe that is among the such a lot vital information for me.
    And i’m happy studying your article. However wanna commentary on some normal issues,
    The site taste is perfect, the articles is
    actually excellent : D. Good task, cheers

  2. I’m really enjoying the design aand layout of your website.

    It’s a very easy on the eyes which makes it much more enjoyable
    for me to come here and visit more often. Did yyou hire out a designer
    to create your theme? Fantyastic work!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

code